HOME > 海外旅行に行くときには > 日本から海外へ動物を連れて行くとき



日本から海外へ動物を連れて行くとき

日本から動物を輸出するためには、動物検疫所において出国前に狂犬病(イヌの場合には狂犬病とレプトスピラ症)についての検査を受けなければなりません。

また輸出する相手国によって必要なワクチンの種類や提出する書類が異なりますので、事前に確認し準備しなくてはいけません。

動物の輸出に必要な手続きや、書類については農林水産省・動物検疫所のホームページで詳しく説明されています。

動物を海外から輸入あるいは海外へ輸出する場合、多くの方は航空機を利用されると思います。
動物の輸送については各航空会社によってサービスの内容が異なりますので、各航空会社にお問い合わせ下さい。

ページトップへ


サイトマップ